パクチー​餃子とジョージアワイン


餃子の餡にパクチーを加えて、個性的なワインに合わせてみましょう!

ちょっと新鮮なワインの飲み方、試してみてくださいね。


【材料】2人分 ・豚挽肉 …150g ・キャベツ …150g ・パクチー …3本(約30g)・ニンニク(すりおろし) …小さじ1/2 

・塩 …小さじ1/4 ・こしょう …少々 ・醤油 …小さじ1 ・ごま油 …小さじ1 ・オイスターソース …小さじ1/2

【作り方】

1.キャベツは細かいみじん切り。塩ひとつまみで塩もみをし、水分をぎゅっとしっかり絞る。パクチーは葉の部分を手でつまんで水に放ち、水分を切っておく。茎の部分は、みじん切りする。 2.ボールに、豚肉、すりおろしたニンニク、塩、こしょう、醤油、ごま油、オイスターソースを入れ、手でしっかりこねる。全体がなじんだら、キャベツ、パクチーの茎も加え、さらにこねる。 3.餃子の皮で包み、サラダ油をひいたフライパンで中火で3分間ほど蒸し焼きにする。 4.器に盛り付けたら、パクチー葉の部分を添えて出来あがり。


※写真の餃子は、地元で大人気の邦栄堂製麺さんの皮を使用しています。

厚い皮と、もちもちの食感がとてもクセになりますよ。

(※こちらの皮はお取り寄せも可能とのことです。Instagram/DM / ☎︎0467-22-0719​)


【ワインと合わせるポイント】

パクチーを加えることで、合わせたワインがもつ個性をより引き立ててくれました。つけだれは、定番の酢醤油を合わせています。チリソースも◎

水餃子にする場合は、ハーブの香りを感じる白ワイン(ソーヴィニヨン・ブランなど)がおすすめ!​


Khakhuri Mtsvivani2020 カクリ・ムチヴィヴァニ

¥3,200 税込

造り手:​フィザンツ・ティアーズ

​産地:ジョージア

ご購入はこちら


​ジョージアを代表する造り手、ジョン氏が手掛けるオレンジワイン。

レモンなどの柑橘系果実に、スパイシーな香りとプラムのような舌触り。

余韻に感じるかつおぶしのようなニュアンスが印象的です。

親日家のジョン氏は日本の調味料や、お漬物が大好きだそう。

彼のワインからは、どことなく、和を感じさせる味わいや香りが漂います。


\もう1本/

餃子におすすめのワイン

プロセッコ・ミッレジマート・ロゼ・ブリュット ¥2,640

造り手:​ザーゴ

​産地:イタリア・ヴェネト

品種:グレラ86%、ピノノワール14%

ご購入はこちら


餃子にはやっぱりビールでしょ!な方にこそおすすめしたいロゼスパークリング。

すっきりとした喉越しと、ロゼ特有のエレガントでフルーティーな風味が、にんにくなどのパンチのある香りをふんわり包み込み、肉汁の甘みとマッチ。

おうちごはんのグレードをグッと格上げしてくれる1本です。