image (4).jpg

IMI Winery

Organic

image.jpg
image.jpg

IMI Wineryが考えるオーガニック

辞書で「オーガニック」は「生物の、関連する、または生物に由来する」と定義されています。

この定義は簡潔すぎて、オーガニックであることが何を意味するのかを考える人に明確さを与えることはできませんが、私にとって、この定義のキーワードは「生きている」であり、そこにオーガニックであることの本質が存在します。

私たちの食べ物、ワイン、その他の農産物、そして何らかの形ですべての製品は生きている生態系に見守られており、生態系内での生命の尊重が無知または無知になると、それは苦しみ、長期的には私たちも苦しむでしょう。

私たちはすべての生命が相互に関連していることを忘れがちだと思います。悲しいことに、この忘却の波紋は、家畜、植物、土地、水域の多くが現在存在するネガティブな状態で見られます。私たちの目標は、人間の意識を再燃させることです。

生き物とのつながり、そして「オーガニック」であることは単なるラベルではなく、生きていることを示します。

 

ですから、私のブドウ園とワインはオーガニックであると言うとき、私が本当に言っているのは、「生物」とそれに含まれる生態系を中心とした哲学で職業を実践しているということです。この哲学はあらゆる側面に適用されます。

土壌管理、土壌とブドウの関係、ブドウの生理学、病気と害虫の管理、収穫戦略、ブドウの加工、発酵、ワインの仕上げなど、ブドウ栽培とワイン製造のプロセスについて説明します。

私の目標は、影響の少ない方法でプロセス全体をガイドし、それが生きている生態系の全体的なバランスと複雑さに利益をもたらすと同時に、ブドウ、果物、ワインの全体的な健康と品質に利益をもたらすことです。

有機的およびバイオダイナミック農法のアプローチでブドウ園の敷地を目覚めさせ、セラーでも同じ哲学を貫き、個性とテロワールを表現したワインをお届けすることが私たちの使命です。

醸造家ジョナサンのブログ「Organic Manifesto」より抜粋