• miho

vol.4 やっと巡り合えたワイナリー。〜奇跡の急展開〜


こんにちは。珍しくいつもより間隔短くブログ投稿です!

というのもこの連載のテーマ、ami初自社輸入ドイツのナチュラルシティワインの発売開始がいよいよ明日に迫っており、執筆を加速中です!


また先日ドイツから無事にワインが到着し、チーム一丸となって搬入作業を終え、

ほっとしているところでもあります。


さて前回の「vol.3 amiとつながる造り手は一体どこに?道の途中で体験した「出会い」を振り返ります。」に続き、vol.4をお届けいたします!


直前にドイツへ行ったのは、コロナよりも前のことでした。

(まさかこんな展開が起きるとは予想もせず、普通に海外に渡っていたことが今では信じられないですね。)

前年より続けているワイナリー探しの旅もそろそろ結果を出したいと焦りも感じていました。


こんな感じで日本にいるスタッフともやりとりをまめにして、狙いを定めてとにかくできる限り回ったのですが思うような結果を得られず、少し途方に暮れ始めた滞在後半。

今回もダメなのかなあ、と少し気持ちが落ちてきて。

ワイン産地視察を終えた夕方、ケルンに戻り何か軽く食べようと滞在アパートの近所をあてもなく歩いていたところ、


ふと大きな教会に目が留まりました。


[ St. Agnes, Cologne ]


ケルン大聖堂までの規模ではないけれどそこそこ大きな建物。 「観光らしい観光もほとんどしていないし、ちょっとこの教会に入ってみよう」 とふらり入ることに。 教会の中のきりっとした静けさっていいですよね。 入るなりなんだか心が洗われたような気持ちになって、通路に置いてあるろうそくに火を灯して、思わずお祈りしました。 「どうかどうか素晴らしいワイナリーに会えますように…」 この祈りは、この後すぐに、叶えられることとなります。


教会を出て街を歩き始めて5分。

通り沿いのガラス張りのお店で、おしゃれなラベルのワインが目に止まりました。

「素敵なワインショップだな、何かワインの情報が得られるかも」と入店。


「ナチュラルワインは置いてありますか?」と聞くと、

「うちは全て、ナチュラルワインよ」と気さくなお姉さんが言うのです。


え?すごい!とびっくりしていたら、お姉さんはグラスを持ってきてくれて、「試飲どうぞ」と。

何種類か試飲させていただいたのですが、え??どれもすごく美味しい!!


この辛口感、


飲んだ時に自然に喉を通り抜ける気持ちよさ、個性もしっかりある、


もしかして…求めていた理想のドイツワインかもーー!!!


よくよく聞いてみたら私がふらりと入った場所は普通のワインショップではなくて、

【ワイナリーの直営店】でした。

更に驚くことに、このケルン市内に醸造所があるというのです。


※(ケルンから車で数時間南下した場所がドイツのワイン産地として一番北と言われているので、なおびっくりしたのです)


その場所より北、しかもこんな大都市でワイナリーと出会うことなど全く予想せず、

少し困惑しつつもワイナリーについてのお話をいろいろと聞きました。


そして、求めていたワイナリーにやっと巡り合えたのだと確信したのです。

教会で祈って10分後くらいの出来事。。


あの教会、パワースポットなのでしょうか笑

次回訪れた際にはお礼しなければ!


奇跡のように出会ったワイナリーの名は

「IMIwinery」(イミワイナリー )

といいます。

その出会いから約9カ月後の今、IMIのワインがいよいよ! 

日本に、ami hayamaに、到着しました!


IMIワイナリーの正規輸入店として、彼らの想いを胸に販売を開始いたします!


ワインの美味しさはもちろんのこと、知れば知るほど魅力的なIMIwineryのストーリーや、輸入にこぎつけるまでの紆余曲折のお話などは、また次の機会に。(vol.5で終われるのか?笑)


まずは明日、お披露目です!

IMIwineryのワイン、是非飲んでみてください!