秋鮭となすのエスカベッシュとフランスワイン


エスカベッシュはスペインなどで親しまれている、お酒と一緒に楽しむ地中海料理のひとつです。揚げた魚を、オイルやヴィネガーを合わせた漬け汁に漬け込んで作ります。


【材料】2人分 ・秋鮭切り身 2切れ ・塩 少々 ・薄力粉 適量 ・なす 2本 ・玉ねぎ 1/4個 ・パプリカ赤・黄 各1/4個 ・オリーブオイル 大さじ3 ・赤唐辛子 1本分(輪切り) ・にんにく 1/2かけ ・イタリアンパセリ 適量 (a) ・白ワイン 大さじ5 ・白ワインヴィネガー大さじ5 ・砂糖 大さじ3 ・ローリエ 1枚 ・ブラックペッパー 少々

【作り方】 1.鮭に塩をふり10分ほどおく。水気をキッチンペーパーで拭き取り3~4等分にカット。 両面に薄く薄力粉をまぶす。 2.なすはくし切りに、玉ねぎ、パプリカは千切りにカット。 3.フライパンに半量のオリーブオイルをしき、鮭、なすを両面焼く。火が通ったら平たいバットにあげておく。 4.残りのオリーブオイル、にんにく、赤唐辛子をに火かけ香りが立ったら玉ねぎ、パプリカを入れ炒める。 しんなりしたら(a)を加えひと煮立ちさせる。 5.バットにあげた鮭、なすのの上に4を注ぎ漬け込む。 食べる直前にイタリアンパセリをちらす。



【ワインと合わせるポイント】

熱いうちに漬け込むと全体によく味が染み込みて、よりワインにも合います。漬け込んでから冷蔵庫で保存し1~2日目くらいが味が染みておすすめ。爽やかなヴィネガーの酸味と、焼いた鮭の旨味が冷やした白ワインによく合います。

-合わせたワイン-

エフロンテ 2013  ¥4,400

造り手:​ユーゴ

​産地:フランス・南西地方

品種:グロ・マンサン50%、

プティ・マンサン50% 


熟した果実を丸ごとかじったような甘酸っぱさが特徴的なやや甘口ワイン。

ヴィネガーとの相性が抜群でした!


ワインは1〜2週間味わいが落ちないので、ゆっくりと楽しめますよ。ため息の出るような余韻がたまりません。。