鶏肉と栗のフリカッセとドイツワイン


フリカッセとはフランス料理の名称で、玉葱などの野菜と鶏肉を生クリームで煮込んだ白い煮込み料理のことを意味します。

西洋風雑煮とも呼ばれ、フランスのおふくろの味でもあるようです。


【材料】(2人分) ・とりもも肉…300g・エリンギ…2本 ・しめじ…1パック

・栗の甘露煮…大きさによって10~15個 ・白ワイン…1/2カップ ・ローリエ…1枚 ・ローズマリー…1本・生クリーム…お好みで ・塩、こしょう、オリーブ油

【作り方】 1.とり肉は一口大のそぎ切りにして塩、こしょう各少々をふる。エリンギは縦に5mm幅に切る。しめじは石づきを取り、小房に分ける。 2.フライパンにオリーブ油大さじ1を熱し、とり肉を両面色つくまで焼く 3.とり肉の色が変わったら、しめじ、エリンギ、栗を入れてさっと炒め合わせ、ワイン、ローリエ、あれば生のローズマリー1本を入れ、ふたをして弱火で12~13分蒸し煮にする。 4.塩、こしょうで味をととのえ、仕上げに生クリームをお好みでまわし入れひと煮立ちしたら出来上がり。


-合わせたワイン-

ショイレーベ 2020

造り手:​イミワイナリー​

産地:ドイツ・ファルツ(醸造:ケルン)

品種:ショイレーベ

ご購入はこちら


今回こちらのお料理に合わせたのは、優しい甘みがワインビギナーの方にも大人気のドイツの白ワイン。栗の甘露煮の甘みにとてもマッチしました。肌寒い季節にほっとする組み合わせです。


ご紹介した白ワインはマスカルポーネを添えた栗にも、とっても合います♪

作り方も簡単なので、あと1品おつまみが欲しい時にぜひお試しください!


【作り方】

栗の甘露煮の水気を切ってフライパンで焦げ目をつける。

マスカルポーネにお好みのスパイス(パプリカパウダー、クミンパウダーなど)をふりかける。